失敗しないSFAのポイントについて

SFAは営業活動を支援するためのシステムですが、導入すれば簡単に成績が上がるわけではありません。
まず大事なのが利用率をあげる事が必要で、情報を入力しなければ共有出来ず最適な仕事の方針を決められなくなるからです。
利用率が低くなる原因は、入力が面倒で外回りから帰って難しい入力にストレスを感じてしまう事も考えられます。
入力しやすいように選択式ですぐに完了する方式を導入するなど、負担を減らすものがいいです。
会社にとってどんな機能が必要か考えて導入する事も重要です。
全ての機能があればものすごく便利なように思えますが、結局使われずに無駄になる可能性もあり、大変そうという先入観を持たれて利用率が下がるという悪循環を引き起こす可能性もあります。
SFAの最終的な目的は、集めたデータをどのように活かして利益に繋げていくかということです。
営業活動のゴールとして有効活用する事が、最終的な目的である事を忘れてはいけません。