営業日報はSFAの導入で変わる

社員が日々どのような仕事をしてどういった成果を出しているのか、知るためのものが営業日報です。
どんな会社でも仕事の進捗を知るために必要なので、大体の社員にとっては当たり前の業務になっています。
ただ営業日報をきちんと活かしているかどうかは、会社によって大きく違ってきます。
ただ書いているだけでは全く意味がないのです。
営業日報には進捗状況や顧客の意見の吸い上げや問題点の洗い出しなど、重要な項目がいくつもあります。
1日の仕事が終わって最後に日報を書くのに時間を取られてしまいますが、会社の戦略のためには絶対に必要なものです。
SFAを導入すれば営業日報の管理が楽になり精度の高いものになる可能性があります。
部下が自分でしてきた仕事を振り返って今後に活かす事も出来ますし、上司が部下の評価材料に使う事も出来ます。
SFAの導入で欲しい情報にすぐにアクセス出来るようになり、問題点の解決につなげる事が出来ます。
利用率を高めるために使う項目を絞って選択式にするなど簡単なものも選べます。